ぎっくり腰(急性腰痛)・腰痛治療詳細

ぎっくり腰(急性腰痛)とは、病名ではなく、急に腰痛が起こったという発症状態をいいます。

物を持ち上げた時や急激な体位変換の際に、ぎくっと突然腰痛が起こったり、腰の筋肉が板のように硬く突っ張って動きが悪くなったりなどの症状を起こします。

ぎっくり腰(急性腰痛)

ぎっくり腰には、急に激しい痛みが発生し、全く動けなくなる場合や、始めは鈍い痛みでも、時間の経過と共に痛みが強くなり、身動きが困難になる場合もあります。

ぎっくり腰(急性腰痛)の原因は

以下のような動作で急に「ギクッ」と発症されています。

ぎっくり腰(急性腰痛)の原因

  • ● 中腰で荷物を持ち上げた際
  • ● 物を高い所に上げようとした際
  • ● 物を持って腰をねじった際
  • ● 床から物を拾おうとした際
  • ● 布団を上げようとした際
  • ● 中腰になって靴下をはく際
  • ● 顔を洗うために腰をまげた際
  • ● スポーツ時に急激な体位変換をした際

三愛治療室での診断と治療

患者様の症状にあった方法で、可能な限りの綜合的診断と治療を第一としております。

問診による病歴聴取
発症原因、 いつから、 何をして、 どこが、 どのように痛いか等をお聞きします。
視診による身体や骨盤の歪みや動きを観察
現在の身体の状態を確認していきます。
理学検査(マッケンジー法の根幹)
身体の運動分析による、動きの範囲や痛み、放散痛の悪化軽快をチェック。

●脊柱の可動性検査では、以下のような内容を確認していきます。

  • ・前屈可動性検査・・・・・・身体を前に曲げると痛みは?
  • ・後屈可動性検査・・・・・・身体を後ろに反らせる痛みは
  • ・側屈可動性検査・・・・・・身体を左右に倒すと痛みは?
  • ・回施可動性検査・・・・・・身体を捻ると痛みは?
  • ・骨盤可動性検査・・・・・・腰より下方の骨盤部に痛みは?
  • ・下肢への放散痛・・・・・・殿部や下肢の方に痛みや痺れは?
神経学的検査-知覚異常、反射力、伝達度
知覚異常、反射力、伝達度を調べていきます。 皮膚の近くに異常がないか?神経の伝達に障害がないか?神経反射の状態などを調べていきます。
筋力バランスの検査と治療
筋筋膜性疼痛症候群(MPS)が、痛み歪みの原因と考えられる症例が非常に多いマスターするには時間が掛かりますが、 筋力の検査と治療術を習得してからは治療効果が飛躍的に向上するようになった優れた検査法&治療法です。
マッケンジー法とトリガーポイント療法の触診と治療
関節、神経、筋肉の機能検査と治療反応を診ながら必ず治療前より軽快されるような施術を心掛けております。

患者Aさん(40才男性)の症例を再現してみましょう。

「マッケンジー法とトリガーポイント療法による症例報告」

主訴: 腰から左下肢の後ろ側が痛い

現病歴

A・問診による病歴聴取 三年前に庭石を動かした際にぎっくり腰をやった。 その時は整形外科を受診してX線の結果、骨に異常はないと言われ、ホットパックとけん引治療及び注射、飲み薬、湿布薬にて一週間位で治った。 その後、腰の疲れた日は、子供に背中を踏んでもらったり湿布薬を貼ったりしていた。

今回は、二日前の朝、スコップで雪を投げる際に急激に腰に痛みが走り身体を傾けて歩くようになった。 その晩は入浴後、湿布をして早目に布団に入った。昨日は整形外科へ行き、X線の結果は骨に異常はないが、椎間板ヘルニアの疑いがあると言われた。 そして注射と湿布薬、飲み薬をもらい帰宅後自宅にて安静にしていた。が、今朝隣人に三愛治療室を勧められ来院された。

腰から左の殿部及び下肢の後ろ側と下腿の前側が痛いと訴え、安静時や夜間時には身体を動かさなければ痛くはないが、 寝返りが痛く、布団から自力で起き上がれないので妻の手を借りて起き上がる状態であるとのこと。

立ち座りが痛く、待合室では立っている方が楽だと言う。靴下やズボンをはくのも痛い。 咳やくしゃみをすると腰から殿部に響く。排尿排便に異常はない。腰から左下肢にかけての痛み以外は気になる症状も持病もない。 普段は、薬も栄養剤も飲んでいない。大きな手術や入院などの病歴もない。

所見

Bー視診による身体や骨盤の歪みや動きを観察 ● 視診及び触診上、身体を右に傾けている。腰部の前弯も減少している。 ● 背骨の階段変形(脊椎すべり症の有無をみる)は認められない。

Cー理学検査 ● 前屈時と後屈時に動きの制限と左下肢への痛みがある。 ● 右への側屈時は痛くはないが、左への側屈が痛く左下肢の方へ痛みが放散する。 ● Kempテスト(身体を左斜め後方に倒す)と左殿部から下肢へ痛みが響く。

Dー神経学的検査-知覚異常、反射力、伝達度を調べる) ● 膝蓋腱反射に左右差はないが、アキレス腱反射は左側が減弱している。 ● SLRテスト(下肢伸展挙上テスト・椎間板ヘルニアの存在をみる)は、左下肢が30度位で痛みと制限がある。

Eー筋力バランスの検査 ● 左の大腰筋、大腿屈筋、左母趾の背屈力が低下している。

上記の結果から

● 発症が急性起点であること、安静時や夜間痛がないことから、内臓性腰痛や重篤な疾患の可能性は低いと思われる。

● 腰から下肢への痛みの様相、疼痛性の側弯、咳やくしゃみでの放散痛、運動制限及び運動痛の様相、SLRの陽性、アキレス腱反射の減弱、 筋力の低下などの所見から、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)を含有する椎間板ヘルニアよる坐骨神経痛が推測される。

治療の要諦

Fーマッケンジー法とトリガーポイントの触診と治療

● 鍼灸、TPの重要経穴(ツボ) 大腸兪、関元兪、殿圧、殷門、足三里

● 神経調整 坐骨神経支配の筋力を検査治療、鍼灸治療を腰部、坐骨神経ブロック点に施術鎮痛を図る。

● 筋肉調整 腰部、殿部、大腿部、下腿部のトリガーポイントに、トリガーポイント療法をおこなう。

● 関節調整 腰部の後方Derangement をマッケンジー法にて調整。 股関節、膝関節、足関節の関節機能障害も徒手調整する。

● ホームエクササイズ 後方Derangement syndrome(偏位症候群)に 対しての、伏臥位での伸展運動を指導した。

椎間関節性腰痛とは

椎間関節性腰痛とは

  • 椎間関節性腰痛とは、腰椎椎間関節がロックまたは関節の微少偏位が原因による腰痛をいう。
  • 椎間関節由来の腰痛に関する歴史は古く、1911年にGoldthwaitの報告が最初である。
  • 椎間関節は、脊椎の後方に位置する左右一対の小さな関節で上下の二つの腰椎をつないでいる。
  • 椎間関節は、上下の関節突起、関節包、滑膜からなり関節腔内に1~1,5mlの関節腋を含んでいる。
  • 椎間関節は、脊髄神経後枝内側枝により支配され上下の椎間関節と多裂筋という筋肉に分布する。
  • 椎間関節は、知覚神経終末が豊富に存在し、腰痛の発生原因となる。
  • 椎間関節は、椎間板と共に背骨の動きを調整する重要な部分である。
  • 椎間関節の画像診断で、変形性変化があるからといってそこが疼痛源とは言い切れない。
  • 椎間関節の画像診断で、変形性変化がないからといって、椎間関節性腰痛を否定できない。
  • 椎間関節性腰痛では、椎間関節の圧痛、腰部の運動痛特に伸展痛が診断ポイント。
  • 椎間関節性腰痛で、椎間関節に急に負荷がかかり関節を傷めた時は俗にギックリ腰と呼ばれる。
  • 椎間関節性腰痛は、重いものを持ち上げたり運搬の際又はこれらの継続作業者に発症し易い。
  • 椎間関節性腰痛は、反り腰等の不良姿勢の継続によっても椎間関節に負担がかかり発症する。
  • 椎間関節性腰痛は、第五腰椎と仙骨間での発生が最も多い。
  • 椎間関節性腰痛は、椎間板や椎間関節の変性(老化)が主原因の場合もある。
  • 椎間関節性腰痛は、非特異的腰痛の代表的疾患であるがレントゲンやMRI等の画像所見は乏しい。
  • 椎間関節性腰痛では、下肢伸展挙上すると下肢が90度近くに上がった時に腰痛が起こる。
  • 椎間関節性腰痛では、長時間のうつ伏せ或いは仰向けでいると痛みが増強することもある。
  • 椎間関節性腰痛では、多くの場合下腰部や殿部の疼痛で時に大腿部に関連痛を起こす。
  • 椎間関節性腰痛は、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の発症に関与する。
  • 椎間関節性腰痛の治療法は、椎間関節のリセット、トリガーポイント治療、ホームエクササイズ指導。

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアとは

  • 腰椎椎間板性腰痛とは、腰椎椎間板の歪みまたは髄核の偏位が原因による腰痛をいう。
  • 腰椎椎間板ヘルニアが坐骨神経痛の原因であると、1934年にMixterとBarrと報告した。
  • 腰椎椎間板は、中心にはゼラチン状の髄核と周囲はコラーゲンを含んだ線維輪で構成されている。
  • 腰椎椎間板の中心部の髄核が周囲の線維輪を突き破り脱出した状態を腰椎椎間板ヘルニアという。
  • 腰椎椎間板に枝をだす末梢神経は、洞椎骨神経、灰白交通枝、交感神経幹である。
  • 腰椎椎間板の線維輪最外層には侵害受容線維が存在し、腰椎椎間板性腰痛の原因となる。
  • 腰椎椎間板は、腰椎椎間関節と共に背骨の動きを調整する重要な部分である。
  • 腰椎椎間板の画像診断で、ヘルニアが見つかってもそこが疼痛源とは言い切れない。
  • 腰椎椎間板の変性やヘルニアには無症候(症状が出ていない)の場合が少なくない。
  • 腰椎椎間板性腰痛では、腰椎の屈曲即ち前屈みで痛みが増強し、伸展で軽快する。
  • 腰椎椎間板性腰痛で、急に負荷がかかり線維輪に僅かな亀裂が入った痛みをギックリ腰と呼ばれる。
  • 腰椎椎間板性腰痛は、男女差なく20代以降に発症し、40代以降に最も多い。
  • 腰椎椎間板ヘルニアの好発年令は20~40才代である。高齢者には少ない。
  • 腰椎椎間板ヘルニアの好発部位は第4~5腰椎間、第5腰椎~第1仙椎間に多発する。
  • 腰椎椎間板ヘルニアは、神経根を圧迫する病気で腰痛よりも下肢に痛みや痺れを来すことが多い。
  • 腰椎椎間板ヘルニアが自然に退縮または完全に消失するものがある。
  • 腰椎椎間板ヘルニアの診断は、画像所見、問診、理学所見、神経学的所見などを併せて判断する。
  • 腰椎椎間板ヘルニアは、椎間関節性腰痛や仙腸関節性腰痛との鑑別に注意する。
  • 腰椎椎間板ヘルニアは、椎間関節性腰痛や仙腸関節性腰痛と合併しての発症もある。
  • 腰椎椎間板ヘルニアは、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の発症に関与する。
  • 腰椎椎間板性腰痛の治療法は、マッケンジー法、椎間板のリセット、トリガーポイント治療。

仙腸関節性腰痛とは

仙腸関節性腰痛とは

  • 仙腸関節性腰痛とは、仙腸関節がロックまたは弛緩されたことが原因による腰痛をいう。
  • 仙腸関節は、左右の腸骨と仙骨をつなぎ関節包で包まれた滑膜関節である、仙腸関節の関節包は、外層の線維層と内層の滑液層の二層から成る。
  • 仙腸関節の関節包には、侵害受容器が存在し、疼痛の発生源となる。
  • 仙腸関節は、上体の重みを支え歩行走行時には下肢からの突き上げの負荷がかかる。
  • 仙腸関節は、腸骨の開閉に数ミリ、仙骨の傾きに2~3度の可動性をもっている。
  • 仙腸関節が、ロックまたは弛緩された状態を仙腸関節の関節機能異常という。
  • 仙腸関節の関節機能異常は、仙腸関節性腰痛の大きな原因となる。
  • 仙腸関節性腰痛は、女性に多い。特に出産後の女性に発生しやすい。
  • 仙腸関節性腰痛は、片脚に強く荷重負荷をかけるような作業や運動での発生頻度が高い。
  • 仙腸関節性腰痛は、下位腰椎の固定手術を受けた者に発症することがある。(10数%) 
  • 仙腸関節性腰痛は、画像検査によってその障害を認めることは困難である。
  • 仙腸関節性腰痛は、一部の整形外科医以外整形外科医で診断されることが少ない。
  • 仙腸関節性腰痛は、整形外科医の殆どが腰痛の診断と治療の概念にない。
  • 仙腸関節性腰痛は、上後腸骨棘付近(上殿部内方)に特徴的な疼痛領域をもっている。
  • 仙腸関節性腰痛は、前屈で痛いタイプ、伸展で痛いタイプ、両方で痛いタイプがある。
  • 仙腸関節性腰痛は、椎間板性腰痛や椎間関節性腰痛との鑑別に注意する。
  • 仙腸関節性腰痛は、椎間板性腰痛や椎間関節性腰痛と合併しての発症もある。
  • 仙腸関節性腰痛では、Newton、Gaenslen、Patrickの各テストで一つ以上が陽性。
  • 仙腸関節性腰痛では、自覚疼痛領域、圧痛点、疼痛誘発テストを重要視する。
  • 仙腸関節の関節機能異常は、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の発症に関与する。
  • 仙腸関節性腰痛の治療法は、仙腸関節のリセット、トリガーポイント治療、ホームエクササイズ指導。

筋筋膜性腰痛とは

筋筋膜性腰痛とは

  • 筋筋膜性腰痛とは、腰背部の筋肉や筋膜に過度の負荷がかかったことが原因による腰痛をいう。
  • 筋筋膜性腰痛は、腰痛の原因としては最も多いと考えられる。
  • 筋筋膜性腰痛は、不良姿勢や不適切な動作、許容を超えた負荷が発症に影響する。
  • 筋筋膜性腰痛は、強い筋肉運動やスポーツその反復が発症に影響する。
  • 筋筋膜性腰痛は、腰の筋肉痛、捻挫、肉離れ、スジ違えと呼ばれることもある。
  • 筋筋膜性腰痛は、筋肉や筋膜に存在する痛みを感じる侵害受容器が察知したものである。
  • 筋筋膜性腰痛は、腰背部の筋肉の圧痛、腰部の運動痛が主要な診断ポイントである。
  • 筋筋膜性腰痛は、ぎっくり腰の病態として椎間関節性腰痛に次いで発症が多い。
  • 筋筋膜性腰痛は、椎間関節性腰痛、腰椎椎間板性腰痛、仙腸関節性腰痛にも合併する。
  • 筋筋膜性腰痛は、腰部の筋肉の疲労から血液循環が低下して筋肉に凝りや痛みを生じている。
  • 筋筋膜性腰痛では、疼痛部位や圧痛が椎間関節性腰痛の箇所よりやや上方に出現する。
  • 筋筋膜性腰痛では、疼痛部位が急性期には限局しているが慢性化すると拡大することがある。
  • 筋筋膜性腰痛では、画像検査や神経学的検査で特徴的な所見は見当たらない。
  • 筋筋膜性腰痛では、運動時の痛みが強く安静時の痛みは少ない。
  • 筋筋膜性腰痛では、椎間関節性腰痛に比べて圧痛が著明である。
  • 筋筋膜性腰痛では、治療の要点は薬物や筋トレではなく筋肉をほぐすことが重要である。
  • 筋筋膜性腰痛では、背部や腰部殿部にできたトリガーポイントが腰痛の発症原因となる
  • 筋筋膜性腰痛では、胸最長筋、腰腸肋筋、多裂筋、腸腰筋、腰方形筋、中殿筋、腹直筋などに筋緊張や痛み、圧痛、硬結、トリガーポイント(TP)がみられる。
  • 筋筋膜性腰痛には、腰背部のトリガーポイントを鍼灸、マッサージ、注射で解す+ストレッチを
  • 筋筋膜性腰痛には、患者、医師、施術者全てがトリガーポイントの知識共有が要諦である。
  • 筋筋膜性腰痛の治療法は、トリガーポイント治療、ホームエクササイズ指導。