トリガーポイント療法とは

筋肉の中に「筋硬結」ができると、その部分を押すと痛みを感じるようになります。 こうした筋肉の部位あるいはゾーンを「圧痛点」と呼んでいます。 圧痛点のなかには、押すとその箇所が痛むだけでなく、ほかの部分に痛みが広がるものがあります。 これをとくに「トリガーポイント」(TP)と呼び、他の部分に広がる痛みを「関連痛」といいます。

トリガーポイント療法

トリガーポイントについて

トリガーポイントが体に発生すると…

トリガーポイントが体に発生すると、痛みの原因となります。それが「MPS」(myofascial Pain syndrome)です。 MPSを日本語に直すと「筋筋膜性疼痛症候群」です。読んで字の如し「筋肉の痛み」です。 これが頭部、頸部、顎関節、肩、腰部、下肢など、すべての部位の痛みの原因となっていることが多いのです。(以上、風雪舎発行、加茂淳著、トリガーポイントブロックで腰痛は治る、初版より抜粋。大変良くまとめられた良書です)

トリガーポイント発生の原因

トリガーポイント発生の原因としては、重い物を持ったり、不良姿勢、筋肉の使い過ぎ、事故や転倒、冷えや過労、精神的ストレス、運動の過不足などが上げられますが、 これら筋肉に対する過負荷は本人が自覚できる場合とできていない場合があります。負荷または回復力が個人の限度を超えた状態の時に、TPが発生しやすくなります。

三愛治療室におけるTP治療法

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)=筋痛症の大きな原因であるトリガーポイントの治療法には、西洋医学による治療法と東洋医学による治療法があります。 西洋医学による治療法においては、トリガーポイントブロック局部麻酔注射が行なわれます。 東洋医学による治療法を、三愛治療室では、トリガーポイント鍼療法、TP分筋法(推拿)トリガーポイントマッサージ・トリガーポイントストレッチを行い良い効果を上げております。

来院患者様の主な病名・症状とTPがよく検出される筋肉

当院に来院される患者さんの主な症状とトリガーポイントがよく検出される筋肉です。

頭痛、片頭痛(偏頭痛) 筋緊張性頭痛、後頭神経痛 ●頭頂部が痛いー胸鎖乳突筋、頭板状筋 ●前頭部が痛いー胸鎖乳突筋、頭半棘筋 ●側頭部が痛いー胸鎖乳突筋、側頭筋、後頭下筋群、頚板状筋 ●後頭部が痛いー胸鎖乳突筋、僧帽筋、頚半棘筋
くびが痛い 頚部捻挫、ねちがい、頸肩腕症候群、 むちうち症、外傷性頸部症候群、頚椎椎間板ヘルニア ●後頚部が痛いー僧帽筋、頚板状筋、肩甲挙筋 ●側頚部が痛いー胸鎖乳突筋、肩甲挙筋
肩こり 肩上部がこる、痛い。肩甲間部がこる、痛い。肩背部の肉離れ ●肩上部が痛いー僧帽筋、肩甲挙筋、頚板状筋 ●肩甲間部が痛いー斜角筋、肩甲挙筋、大小菱形筋
肩が痛い 肩関節捻挫、五十肩、野球肩、水泳肩、上腕二頭筋長頭腱炎、腱板炎 ●肩前部が痛いー三角筋前部、大胸筋、上腕二頭筋、棘下筋 ●肩後部が痛いー三角筋後部、大円筋、小円筋、棘上筋、肩甲下筋 ●肩外側が痛いー三角筋中部、棘上筋、棘下筋
肘が痛い 肘関節捻挫、テニス肘、野球肘、ゴルフ肘 ●肘内側が痛いー尺側手根屈筋、浅指屈筋 ●肘前側が痛いー上腕二頭筋、上腕筋 ●肘後側が痛いー上腕三頭筋
腰が痛い 腰部捻挫、ぎっくり腰(急性腰痛)、慢性腰痛、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、 非特異的腰痛、椎間関節性腰痛、 筋・筋膜性腰痛、仙腸関節性腰痛、坐骨神経痛、 変形性脊椎症、腰椎分離症、腰椎すべり症、姿勢性腰痛、心因性腰痛、腰痛症、 職業性腰痛、スポーツによる腰痛、女性の腰痛、 産前産後の腰痛、高齢者の腰痛、手術後の残存痛 ●体前屈が痛いー浅層傍脊柱筋、深層傍脊柱筋 ●体伸展が痛いー大腰筋、小腰筋、腸骨筋 ●体側屈が痛いー腰方形筋、浅層傍脊柱筋、深層傍脊柱筋 ●体回旋が痛いー内腹斜筋、外腹斜筋 ●他にー腹直筋、大中小の殿筋、梨状筋、下肢後側筋
股関節部が痛い 股関節捻挫、変形性股関節症、梨状筋症候群 ●後部が痛いー腰方形筋 殿筋群、梨状筋 ●前部が痛いー内転筋群、恥骨筋
大腿部が痛い 肉離れ、腸脛靱帯炎 ●大腿内側が痛いー大内転筋、薄筋、内側広筋、縫工筋 ●大腿外側が痛いー大腿筋膜張筋、小殿筋、外側広筋 ●大腿前側が痛いー 短内転筋、長内転筋、縫工筋、中間広筋 ●大腿後側が痛いー 梨状筋、小殿筋、ハムストリング
膝が痛い
動作の開始時に膝が痛い
立ち座りに膝が痛い
正座時に膝が痛い
階段昇降時に膝が痛い
膝が痛く歩くのが苦痛
動作の開始時に膝が痛い
膝関節捻挫、変形性膝関節症、オスグッド病、ジャンパー膝、ランナー膝、腸脛靱帯炎、鵞足炎、膝関節手術後の残存痛、靱帯損傷後遺症、半月板損傷後遺症 ●膝内側が痛いー内側広筋、縫工筋、薄筋、半腱様筋 ●膝外側が痛いー外側広筋 ●膝前面が痛いー大腿直筋、内側広筋、短内転筋、長内転筋
下腿部が痛い 肉離れ、シンスプリント、アキレス腱炎、足のむくみ、コンパートメント症候群 ●下腿前面が痛いー前脛骨筋 ●下腿後面が痛いー腓腹筋、ヒラメ筋 ●下腿外側が痛いー長腓骨筋、短腓骨筋

トリガーポイント療法、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)のリンク

・加茂整形外科医院 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会の創始者である加茂淳先生のHPです。 http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/

・筋筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会 当院も会員として入会している筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の研究団体の公式HPです。 http://www.jmps.jp/

・NHKTV ためしてガッテンでのトリガーポイントの放送記事 http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20090304.html

・筋筋膜性疼痛症候群 – Wikipedia ウイキペディアによる筋筋膜性疼痛症候群の説明文もお読みになってみて下さい。 https://ja.wikipedia.org/wiki/筋筋膜性疼痛症候群

三愛治療室におけるトリガーポイント療法の参考文献の一部

トリガーポイントブロックで腰痛は治る!
肩・腰・ひざ…どうやっても治らなかった痛みが消える!
指一本で痛みがとれる―トリガーポイント療法
腰痛、肩こりはなぜ治らないのか?
トリガーポイント鍼療法
トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル
手技療法とオステオパシーにおけるトリガーポイントと筋肉連鎖
誰でもできるトリカ゛ーホ゜イントの探し方・治し方
誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方 【腰痛】
ニューロマスキュラー・セラピー―トリガーポイントリリースを主としたマッサージの実践